[平日] 10:00~17:30※
[土曜] 10:00~16:30
当面の間新型コロナウィルスの感染防止対策のため営業時間短縮および第四土曜日の休業をしています。
日曜日・祝日・第二土曜日
2020年09月02日
ブログ

マイナポイント+キャッシュレス決済で5000円分還元and more!

マイナンバーカードを持っている人が、キャッシュレス決済を利用した場合の新たなポイント還元の仕組み「マイナポイント」事業が9月1日から始まりました。

テレビなどでマイナンバーカードとキャッシュレス決済を組み合わせれば5000円還元されるの?でもキャッシュレス決済といってもいろいろあるし、最大5000円って言われても実際いくら還元されるのかよくわからないって人も多いのでは?

私が実際やってみてポイントも入ったので具体的な例を上げていってみます。

「マイナポイント」事業は、マイナンバーカードの保有者が申し込みを済ませたうえで、9月1日以降、キャッシュレス決済サービスを使って、買い物やチャージをすると、最大5000円分が還元されるものだ。

マイナンバーカードは作っていますか?

まず大前提はマイナンバーカードがあることです。それによりマイナポイントとの関連つけをしていきます。

マイナンバー、あまり使う機会もなく「通知カード」のままの方も結構いると思います。

まずは通知カードからマイナンバーカードにしましょう。

マイナンバーカード交付申請については公式ページをご参照ください。

https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/

次に対象となるキャッシュレス決済を決めましょう。

マイナンバーカードが交付されたら、次はキャンペーン対象となる様にキャッシュレス決済とマイナポイントの紐付をしていきます。

キャッシュレス決済といっても全部が全部対象というわけではありません。

また、自分がよく使う決済方法でないものと紐づけてしまっても還元対象額(25%、最大5000円)まで使う物でないと意味がありません。

それではどんなものが対象か見ていきましょう。

【電子マネー】

suica waon 楽天エディ などなど。

交通系が多いので、普段電車に乗ることが多い方にはいいかも。

この対象の中だと、私はnanacoが一番利用しています。

【プリペイドカード】

ちょっと見た感じ自分の生活の範囲で使用しているものはなかったのでパスします。

【QRコード】

コロナ禍の今、コンビニなどでもQRコード決済がお金のやりとりがなく、手持ちのスマホで出来るので活用しています。

メルペイ aupay  d払い paypay LINEpayと5種は既に使用しています。

【クレジットカード・デビッドカード】

クレジットカードは比較的高価な買い物の時に使うので最大金額の2万円(25%還元額が5000円)に到達しやすいです。

が、専ら使っているANA VISAカードが対象外。

 

そんな中で私が選んだのは「d払い」

マイナンバーカードに対して申し込めるキャッシュレス決済サービスは1つです。しかも変更できません。

そのためにやはり普段から利用しているサービスを選択したいですね。

選択肢としては電子マネーでは pasmo suica nanaco

QR決済ではd払い paypay 

この中から「d払い」に決めることにしました。

理由は

1.普段よく使うコンビニはどこでもd払いに対応している(paypayも)

2.d払いは(2万円チャージで)マイナポイント が5000円分付与プラス

d払い特典として期間限定ではあるがdポイントが2500円分進呈されます。

合わせて7500円相当になるということですね。

後者のポイント付与は銀行からのチャージなど条件がありますので要確認です。

paypayもd払いも同じように使っているのでどちらでも良かったのですが、

1.5倍相当の付与があるのでd払いに決めました。

ちなみに紐付け直後にすぐ5000ポイントは付与されました!

 

 

 

arrow_upward