[平日] 10:00~18:00
[土曜] 10:00~16:30
日曜日・祝日・第二土曜日
2019年08月01日
ブログ

<大家さんでもDIYかんたん篇>室内の蛍光灯シーリングライトをLEDシーリングライトに交換

お部屋の天井の蛍光灯シーリングライト。10年前くらいに設置してあげたのはいいけど蛍光灯が切れたりした場合、入居者から照明がつきません。と電話が。貸主にしてみたら設備の照明の球切れは原則はお客様が交換。ですよね?けれどいまどきのお客様ってリング型の蛍光灯の交換方法も知らなかったりします。なので、結局は大家さんとか管理会社の人が脚立持っていって手伝ってあげて。なんてことありませんか?

そんな時は、考え方を変えて「新しいLEDのシーリングライトに無料で交換しましょう」

といってみてはいかがでしょうか?

 

簡単に交換できるか、見極めるポイントはひとつだけ。

簡単に交換できるか、見極めるポイントは一つです。

天井に引っ掛けシーリングがついており、そこに現行の蛍光灯シーリングライトがついているかどうかです。

まずシーリングライトのカバーを外し、本体と中央部の部品が接続されていればそちらを外します。
すると中から(引っ掛けシーリング)が見えてきました!
あとは逆の手順で取り付けていきましょう。

今回購入したNECのHLDZ08604 は
真ん中部分がそのままLED照明部品と一体化しているタイプです。
そのため本体を引っ掛けシーリングに取り付けます。
あとはカバーを取り付けして完了です!

【番外編】 引っ掛けシーリングが無い場合って、こんな感じです。

真ん中に引っ掛けシーリングが無く、黒と白の線が見えると思います。
この場合、直結という方法で交換する場合は電気工事の資格が必要となります。

この記事を書いた人
丸野 寛 マルノ ヒロシ
丸野 寛
東京都出身のアラフィフです。日本大学芸術学部卒。不動産業に携わり約25年。 お客様が入居したい物件づくりを心がけています。物件の維持管理には業者さんまかせでなく自分の知識も必要と感じ、宅地建物取引士のほか、第二種電気工事士、2級建築施工管理技士などの資格も取得しています。健康維持のため月100キロを目標にランニングしています。大会にも出ますがタイムはさておき、参加することに意義を感じてます(笑)また休みを利用して南国や伊豆でのスキューバダイビングも楽しみの一つです。
arrow_upward