[平日] 10:00~18:00
[土曜] 10:00~16:30
日曜日・祝日・第二土曜日
2018年08月31日
ブログ

電気のスイッチ・プレートもきれいにしませんか?

お部屋を引き渡す時、室内はきれいでも電気をつけるスイッチが汚れていると印象がよくないですね。といっても普通のスイッチはさほど気にならないのですが、プラスティックのプレートが付いているタイプのスイッチですと、プレートとスイッチの隙間に汚れがついたりしてしまいます。

そのスイッチ汚れてませんか?

さて、どんなスイッチか見てみましょう。
ちょっと極端な例かもしれませんが、上2つはカバーの中が汚れ、下がカバー自体がはずれているのがわかりますか。

では、カバープレートを交換してみましょう。

大体はカバープレートのプラスティック部分を交換すればきれいになります。

ただやっかいなのが、型番が合うカバープレートを購入する必要があることです。

以前は型番を確定してホームセンターなどで取り寄せが必要でしたが、今はネットで部品だけ購入できます。(送料はかかりますが)

型番の確認方法です。

まず、スイッチの周りのカバーを外します。細いマイナスドライバーなどを間にはさんでやるとスムーズに外れます。

その後プラスドライバーで上の写真のように上下を少し緩めてあげます。

完全に外してしまうと壁内の支えている金具が内側に落ちてしまうので注意です。

少し緩めてから引っ張ると側面が見えてまいります。ここに型番が見えますね。

これをもとに適合するスイッチのプレートを注文します。

カバーを交換しました。スイッチ表面も汚れている場合は布に少し中性洗剤をつけてふいてあげればきれいになります。

 

あとは元に戻して完了です。

プラスティックのカバーを付け替えたら、ネジなどを元どおりにしめてスイッチのプレートをかぶせます。上下がありますので向きに気をつけて下さい。(裏側に向きの表示があります)

スイッチ一つでも印象がよくなりました。

 

 

この記事を書いた人
丸野 寛 マルノ ヒロシ
丸野 寛
東京都出身のアラフィフです。日本大学芸術学部卒。不動産業に携わり約25年。 お客様が入居したい物件づくりを心がけています。健康維持のため月100キロを目標にランニングしています。大会にも出ますがタイムはさておき、参加することに意義を感じてます(笑)また休みを利用して南国や伊豆でのスキューバダイビングも楽しみの一つです。
arrow_upward