[平日] 10:00~18:00
[土曜] 10:00~16:30
日曜日・祝日・第二土曜日
2016年08月11日
ブログ

WiFiルーターの引越し機能とは

会社でもWiFi機能がついたルーターを以前から使用していますが、

PC タブレット プリンタ スマートフォン など同時に使用する機器も多くなっていることから、安定性、そろそろ最新のものに買い換えたいなと思っておりました。

しかし、買い換えて設定の段階でつまづいて、インターネットが使えなくなっては業務にも支障が出てしまいます。

で、いろいろ調べたところ「エアステーション引越し機能」なるものがついてるバッファローWXR-1900DHP2 がいいかなと。

ヨドバシドットコムでポチっと購入。引越し機能とはなんぞや?といまひとつ理解してなかったので同梱の説明書を見ると 今までのSSIDとパスワードがそのまま承継されるので、本来接続しているすべての端末でSSIDとパスワードの再設定をしなくてもつなげてしまうんですね。

で、気になる設定方法としては、既存の親機のそばで 購入したものの電源をON。ランプの点滅状態を確認して、ルーターが立ち上がったらWPSボタンをプッシュ。なんとこれで無線設定をコピーできるのです。

説明書どうりに設定がコピーできたのを確認したら、あとはフレッツ光のプロバイダ資料を見てエアステーションの設定画面からID等を入力して設定完了!

おそるおそる各PCを立ち上げてみましたが、それぞれ問題なく(最初にホームネットワークとか選択する画面が出たので、そこはホームネットワークを選択)ブラウザーでインターネット接続が確認できました。

埼玉県越谷市の不動産会社 株式会社丸恵 丸野 

 

arrow_upward